ハンマー作業

宝石細工や銀細工に使用する多種多様なハンマーは、最初のうちはなかなか使い分けられないので、 使いやすくて用途の広いハンマーを1~2本選びます。 ハンマーは、打ち面の形状の違いで、用途が変わります。 軽量のハンマーは、リベット(かしめ)を締めるとき、あるい彫金でタガネを打つときなどに適します。 ハンマーを作業に使うと、バランスが保てず、均等な力でたたくことが難しくなります。
ブラニツシングハンマー(ならし槌)は、打ち面が平らで光沢のあるハンマーであり、槌目を消すときに使います。たとえばチョーカーに使うような長めのワイヤーに弾力性を与えることが必要な場合は、まずワイヤーを焼きなました上で、ネックレス用の当て金に端から端までぐるぐると巻き付けます。 続いて当て金に沿ってハンマーでたたき、少しずつワイヤーを押し下げて、径を広げていきます。

ハンマー
写真1:ハンマー

使い方
打ち面が平らなハンマーを使うときは、打ち面を地金に当てます。 正面から打てば、地金に槌目は残りません。 当て金に傷がつくと、以後その当て金で成形する地金は、裏側に傷跡が付いてしまいます。 傷がひどく付いてしまった当て金や成形用ハンマーは、傷を取り、よく磨いて乾かしてければなりません。 槌目はきれいに消して、滑らかでつやの面に仕上げなければなりません。


木槌
写真2:木槌作業

リューター ,   バフ 研磨機 ,   貴金属テスター ,   ハンドモーター ,   カラット天秤 ,   グラム天秤 ,   ダイヤゲージ ,   パールゲージ ,   指輪ゲージ ,   超音波洗浄機 ,   ヴェルヴォ 超音波洗浄機 ,   超音波 洗浄液 ,   ワックスペン ,   電解 洗浄器 ,   マイクログラインダー ,   ポイント バー ,   バフ 研磨剤 ,   バフモーター ,   布バフ