溶接

金属は、ロウを使わず、金属そのものが溶解しはじめる温度まで熟するだけでも、接合することが可能です。 金属の表面が流動しはじめると、そこに接しているすべての面が融合し一体化します。これを共付けと言います。 溶接は、即興的で結果が予測しにくいものの制作をコントロールすることも可能です。

アクセサリー制作用溶接作業
写真1:溶接

<煮洗いと水洗い>
共付け溶接した接合部は、ロウ付けした接合部と同じくらいの強度を持ちますが、地金の表面が溶けてため、冷めたときにらになります。 表面に小さな穴(巣穴)ができてしまうことも多く、その場合は酸に触れると、穴を通って酸が金属の奥まで入り込み、中和しないかぎり、この酸はやがて表面に渉み出て、緑色のしみになります。 共付け溶接した金属を湯にくぐらせてから、酸洗い液に移します。 酸を中和し終えたら、石けんで徹底的に洗うことが必要です。 これ以後にロウ付けを行った場合は、同じ手順で洗浄しなければなりません。

<ワイヤーの溶接>
ワイヤーは、成形したのち溶接すれば、指輪やバングルが作れます。 溶接するすべてのパーツは互いに接触させなければなりませんが、両端は突き出させておけば、炎が直接当たって溶け、小さな玉になります。 作業中は、金属を溶かす炎と、金属の表面とを注視して、溶接の進行状況を見極めてください。

リューター ,   バフ 研磨機 ,   貴金属テスター ,   ハンドモーター ,   カラット天秤 ,   グラム天秤 ,   ダイヤゲージ ,   パールゲージ ,   指輪ゲージ ,   超音波洗浄機 ,   ヴェルヴォ 超音波洗浄機 ,   超音波 洗浄液 ,   ワックスペン ,   電解 洗浄器 ,   マイクログラインダー ,   ポイント バー ,   バフ 研磨剤 ,   バフモーター ,   布バフ