仕上げ磨き

仕上げ磨きをすると、金属の表面が滑らかになり、光を反射して輝くようになります。仕上げ磨きには、手作業で仕上げる方法と、各種のパフを取り付けた電動工具を使う方法 があります。

アクセサリー制作用玉台
写真1:バフ作業

<手仕上げ>
目の細かい耐水サンドペーパーでの研磨が終了したら、次の作業にはいくつかの選択肢があります。 フェルトパフは、通常市販品を使いますが、自作もできます。およそ 240×24×6mmの木片を用意して、一方の端におよそ130×24mmの厚手のフェルトを巻き付けます。 柔らかいシヤモア革は、ブロック状またはパウダー状のきめ細かい研磨剤を塗り込みます。革に作品を強く こすり付けるようにして磨いたのち、清潔な布で研磨剤を拭き取ります。

<ハンドモーター>
小型ポイントを取り付けたハンドモーターは、細かい部分、または入り組んだ部分の仕上げ磨きに適します。

アクセサリー制作用玉台
写真2:ハンドモーター

<バッファー>
バッファーにはアームが1~2本付いており、そこに各種のパフを取り付けることができます。アームの周囲に覆いがあり、覆いとアームと の間に十分な空間があって、パフ粉が外に散らばらないよう設計されている製品を使用してください。

アクセサリー制作用玉台
写真3:バフ研磨機

リューター ,   バフ 研磨機 ,   貴金属テスター ,   ハンドモーター ,   カラット天秤 ,   グラム天秤 ,   ダイヤゲージ ,   パールゲージ ,   指輪ゲージ ,   超音波洗浄機 ,   ヴェルヴォ 超音波洗浄機 ,   超音波 洗浄液 ,   ワックスペン ,   電解 洗浄器 ,   マイクログラインダー ,   ポイント バー ,   バフ 研磨剤 ,   バフモーター ,   布バフ