ワイヤーの使い方

シルバーとゴールドのワイヤーは、いろいろなサイズが市販されています。 市販のワイヤーは大型の工業用ローラーを使って成形されており、角、丸、甲丸、平角などさまざまな断面 形状の製品があります。 しかし線引板に通せば、自分で希望サイズのワイヤーを作ることが可能です。

アクセサリー制作用線引板
写真1:線引板

線引板とは丸、角などの穴が並んだスチール製の板です。穴のサイズは細い順番に並んでいます。 線引板は万力で固定しますが、このとき万力で穴をふさがないよう注意してください。適切な大きさの穴を選んでワイヤーやパイプを引けます。 カーブや歪みのあるワイヤーをまっすぐに伸ばす必要があるときは、必ず焼きなましをしてから一方の端 を万力にしっかり固定し、反対側の端をキザミ付きヤソトコで強く引っ張ります。

リューター ,   バフ 研磨機 ,   貴金属テスター ,   ハンドモーター ,   カラット天秤 ,   グラム天秤 ,   ダイヤゲージ ,   パールゲージ ,   指輪ゲージ ,   超音波洗浄機 ,   ヴェルヴォ 超音波洗浄機 ,   超音波 洗浄液 ,   ワックスペン ,   電解 洗浄器 ,   マイクログラインダー ,   ポイント バー ,   バフ 研磨剤 ,   バフモーター ,   布バフ